ヘアカラートリートメントって何?ヘアカラーとヘアカラートリートメントの違いは何?

現在、白髪染めは色々な種類が販売されています。テレビショッピングでもテレビコマーシャルでもインターネットでも、どれも同じような扱いです。そもそも、白髪染めとはヘアカラーリングの種類の一種であり、白髪染め自体も色々な種類に分かれます。その中で代表的な白髪染めの種類がヘアカラーとヘアマニキュアになります。以前は白髪染めと言ったらヘアカラー一色でしたが、今はヘアマニキュアがかなりの人気になってます。白髪染めの商品を見てみると色々な言葉が書かれており、白髪染めの違いがわからなくなってしまう人も多く、どの商品を買っていのか迷ってしまいます。利尻昆布で一躍有名になった、ヘアカラートリートメントと言う言葉もそうです。では、ヘア~と言うの種類の違いは一体何なんでしょうか?それぞれの特徴何なのか?メリットとデメリットは人それぞれですので、判断材料として幾つかポイントをあげていきます。

 

 

ヘアカラートリートメントって何?
ヘアカラートリートメントは、ヘアマニキュアになります。その他でも、トリートメントヘアカラー(カラートリートメント)やヘアカラーリンス(カラーリンス)、ヘアカラーシャンプー(カラーシャンプー)も言い方が違うだけで全て同じヘアマニキュアになります。一時染毛料ではありませんので、しっかり乾かせば色移りをすることはあまりありません。

 

 

ヘアカラー(永久染毛剤)のメリット、デメリット

テレビCMで流れている白髪染めのほとんどがヘアカラーになります。みなさんが思い浮かべるメーカーや商品名はほぼヘアカラーです。海外では使用禁止となっている強い薬品もあり、アレルギーや皮膚障害が起こる可能性があります。パッチテストは必ず毎回必要です。

 

~メリット~

  • ①黒髪も明るい色に染められる
  • ②色持ちは約1ヶ月から2ヶ月
  • ③シャンプーしても色落ちしない
  • ④1回でしっかり染めれる
  • ⑤値段は600~1000前後

 

 

~デメリット~

  • ①染め直しや重ね染めなどは髪のダメージが強いため期間を空けないと無理
  • ②アレルギー体質の人や敏感肌の人は絶対ダメ
  • ③染めた後、髪がゴアゴアになり、ダメージがかなり強いのでヘアケアは必ず必要
  • ④お風呂で染めれない
  • ⑤下準備が大変

 

 

ヘアカラーの染まる仕組は、黒髪のメラニン色素を薬品で1回脱色した後、改めて髪の内部に染料を浸透させて発色させます。白髪も黒髪も一緒に脱色するので好きな色に染められますが、強い薬品を使うので髪と頭皮にダメージを負います。染めた後「髪が痩せる」と言う人がいますが、これはヘアカラーで染めているからです。また鼻にツンと来る匂いは、アンモニアを必ず使うのでその匂いです。

 

 

ヘアマニキュア(半永久染毛料)のメリット、デメリット

現在では主流がこっちになるぐらいの勢いです。今まではテレビCMではほとんど流れていいませんでしたが、徐々に増えてきており今後は主流になるでしょう。

 

ランキング上位などではほぼヘアマニキュアで占められており、これから白髪染めを使用する方達は、まずこのタイプで染めましょう。ヘアマニキュアタイプは近年に進化した白髪染めです。ヘアカラーで慣れている人は使うのに抵抗があり、特に年配の方は染まりが悪いと思ってしまうこともあります。

 

~メリット~

  • ①染め直しや重ね染めなどは髪のダメージはほぼ無くできる
  • ②アレルギー体質の人でも使用出来る商品が多い
  • ③染めた後、サラサラ状態でダメージはほとんどないのでヘアケアがいらない
  • ④お風呂で染めれる
  • ⑤下準備が楽

 

 

~デメリット~

  • ①黒髪は明るく染めることは出来ない
  • ②色持ちは1週間から2週間
  • ③シャンプーする度に色が徐々に落ちていく
  • ④徐々に染まる
  • ⑤値段は2000円~3000円前後

 

 

髪や頭皮にダメージを与えたくないのならヘアカラートリートメント(ヘアマニキュア)を使用しましょう。色の入りはヘアカラーのようにはなりませんが、将来を考えるならこのタイプで染めていれば安心です。髪の染める仕組は、髪の表面に色素を付着させて、徐々に内部に浸透させていくのが今の主流です。そのため、付着した染料がシャンプーで徐々に落ちていきます。ヘアカラーとヘアマニキュアは種類が違うために比較にはならず、染まるのがいいのか?ダメージがいいのか?を選ぶと自ずと商品も決まってきます。

 

 

トップページ