就活で髪を黒染めするのは後が危険。利尻を使った方がいい理由

自分の希望する職種や企業の雰囲気がゆるい場合でも面接に向けて髪を黒く染め直すと思います。昔に比べればだいぶ髪のトーンも明るくはなってきましたが、まだまだ一般には暗くするのが当たり前です。リクルートスーツに着替えて行くのなら、なおさら黒くしないと妙に髪が浮いて見えてしまいます。

 

人によってはあまり暗くするのが嫌で自分なりにこれぐらいでいいと判断しても、はたからの見た目、特に訪問先の企業の受付で並ぶ時、面接する所が直射日光が入る場所、企業の入り口付近でウロチョロする時など髪の色は日に透けて色も目立ってきます。髪の色は染めた時の室内で見るよりもかなり明るく見えると思っておいて下さい。

 

 

今後の日程をある程度予測しておきましょう
面接が上手く行かないようなこともあり、めいいっぱいの期間が掛かってしまうのでしょうがない面もありますのでおおよそで大丈夫です。髪をあまり早く染めてしまうと面接の時に髪色が変わってきてしまいます。政府と企業で面接開始時期の件で色々とあるようですが、髪を染めてから面接までの期間をどのくらいあくのか考えておいた方がいいです。

 

髪を染めるには二種類の方法があり、ヘアカラーとヘアマニキュアになりどちらかで染めることになります。ヘアカラーとヘアマニキュアの違いはTOPページを順に見て頂ければ分かると思いますのでご覧になって下さい。このどちらの方法で行っても期間があけば必ずまた染め直しは必要です。

 

 

ヘアカラーの黒染めには注意する
髪を黒く染め直しする時は美容室で行う人が多いと思います。ここで気をつけないといけないのはヘアカラーで染めた時の「黒染め」です。ヘアカラーの黒染めとは、髪の元の色素をブリーチして髪を一回さらの状態にしてから黒色を入れるのでかなり黒くなってしまいます。ヘアカラーで黒染めを行ってしまうと黒色の色素が褪色するまで色が抜けません。

 

黒色の色素は長ければ数ヶ月残ります。例えば内定をもらい研修を終えて入社までの期間をまた明るく染めたくても一回黒染めを行ってしまうと、まず明るくすることは難しいと思って下さい。また、内定をもらった企業の社風がゆるく最初から多少明るめの髪色でも大丈夫でも、地毛が茶色い方なら逆プリン状態で行くことになる可能性もあります。

 

 

ブリーチしても抜けないヘアカラーの色素
ブリーチとは本来、髪の元よりの色素を抜くことです。そのためヘアカラーの色素は髪の元よりの色素ではないために色が抜けいないのです。ヘアカラーの色素を抜く場合はブリーチではなく脱染を行います。またこの脱染もプロの腕の差が非常に大きく出る技術でお店によってもそのやり方は変わってくることもあります。

 

プロでもヘアカラーで染めた黒色を抜こことは難しく、何回もやらないといけない、何回やっても綺麗にはならずムラになる可能性もありますし髪はボロボロになっていきます。もちろんこの時の料金は一回分の料金ではなく、施術した回数分の料金が取られ数万円行くこともありますので気をつけないといけません。

 

 

ヘアカラーで暗く染めた後、また染める時はリタッチ
ヘアカラーで黒染めまではいかなくても暗く染めて、日にちが経ってしまうと色が褪色してきたり地毛が伸びてきます。この時はまた全体染めをするのではなく生え際だけのリタッチを行って下さい。暗く染めた状態でまた全体染めをしてしまうとより黒くなってしまいます。リタッチは自分ではできません。プロだけの技術なので必ず美容室で行うようにして下さい。

 

 

 

就活にはヘアマニキュアを勧める理由

ヘアマニキュアは髪や地肌を痛めないことがなによりも一番ですが、一時的に黒色に染めるにも都合がいいのです。ヘアマニキュアの場合、美容室でも染めても自分で染めても色の残る日数は変わりません。自分で行っても美容室でも行っても、早い人で一週間、遅くても二週間で元の髪色は出てきます。そのため美容室で数千円掛けてヘアマニキュアを行っても一回で済むことはなかなかないと思います。

 

美容室ではヘアマニキュアを勧めるお店も多くあります。高いお金を払って美容室でヘアマニキュアを行っても、面接日まで日にちがあいてしまうと色が落ちてしまうので意味がなくなってしまいます。この辺も気をつけないといけません。長い期間髪色を維持したいのなら、なおさらその度に高いお金が掛かってしまうのでもったいないです。

 

自分で行うヘアマニキュアの場合、面接日の一週間前ぐらいから使い始めればいいのです。毎日でも使えることができるので多くても数回使えばしっかり染めることができます。また、ヘアマニキュアは染まりが悪いと感じてしまう人がいますが、このような時は染め方に問題があることが非常に多いです。人はおおちゃくなので自分なりに染め方を変更してしまいます。これにより染まりが悪くなってしまうのです。しっかり説明書通りに行うのが大事です。

 

 

ヘアマニキュアは商品によって染まり具合の良し悪しがある
若い子が使うようなヘアマニキュアは一時的な色合いにするものも多く、染める力が弱く、色持ちを持続できません。若い子が買えるように値段を安くしているのでそこまでの効力をもたせることに限界があります。利尻のようなヘアマニキュアタイプの白髪染めは、染める力を強くして色持ちを持続することを目的をしているので若い子用に比べるとよく染まります。

 

若い子用のヘアマニキュアに比べるとヘアマニキュアタイプの白髪染めはよく染まりますが、ヘアマニキュアタイプの白髪染めの商品の中でもよく染まるものと染まらないものがあります。白髪染めは染め上がりが顕著に出ますので人気が無いものは染まりません。値段が安いものもやはり安かろうの範疇でしか染まりません。

 

 

白髪染めはカラーリング剤として年齢や性別などは関係ない
若い子にしてみたら最初から白髪染めなどは頭にあるわけもなく、また白髪染めと聞いた時点で拒否するかもしれませんがカラーリング剤として年齢や性別などは関係ありません。染色力と色の違いがあるだけです。ヘアマニキュアは白髪も白髪以外の髪やカラーリングされた髪も同じように色が載ります。

 

 

利尻ヘアカラートリートメントを勧める理由

白髪染めとしてのヘアマニキュアはまだ歴史が浅く、自然派志向の現代の流れに沿うようにここ数年で一気に人気になりました。ヘアマニキュアを一気に人気に押し上げたのが利尻でした。今までのヘアマニキュアタイプの白髪染めは染めるのに時間も掛かり、時間をおいても染まりが悪く、色持ちも悪かったのです。このようなヘアマニキュアの概念を覆したのが利尻でした。よく染まるようにして色持ちも長くし、簡単に染めれるようにしたのです。そしてこれだけに留まらずヘアケアとして非常に多くの天然成分を配合させたのです。

 

今は色々なメーカーがヘアマニキュアタイプの白髪染めを出していますが、全て利尻の真似と言ってもいいぐらいです。発売してから数年たった今でもトップにい続けているのは、今だに色の染まり具合い、色持ちの長さ、ヘアケアのあらゆる面で他の白髪染めでは追いつけていないのです。他の白髪染めはしっかり染まるまでに数回使用しないといけませんが、利尻だとより少ない回数で染めれるので非常に楽です。

 

 

利尻の染料の色に関して
ブラックは黒染めのような真っ黒にはなりません。自然な風合いの物凄い暗いグレーの黒色になります。回数を重ねても真っ黒になることはありません。ダークブラウンに関しても回数を重ねてもブラックのような色合いにはならずダークブラウンのままです。ヘアマニキュアはヘアカラーとは違いますので回数を重ねてもドンドン暗くなることはありません。

 

また、あまりオススメはしませんがダークブラウンで染めてみてもう少し暗い方がいいかなと思った時は、その後にブラックで染めても大丈夫です。この場合、繰り返し数回染めて頂ければブラックになります。

 

 

面接が進み、内定後、入社まで日にちがあいてもヘアマニキュアで染めれていれば、また元の髪色にすることも可能です。黒色ではなく少し明るい髪色にしたい方などは、利尻で染めた方が都合がいいです。

 

利尻ヘアカラートリートメント メーカー直販です。

 

 

トップページ